画像
可児市の観光スポット|リフレ可児店

title
湯の華アイランド

 湯の華アイランド

「湯の華温泉」は2008年7月18日オープンのスパリゾート施設です。大自然の景観と木曽川を眺めながらの天然美肌の湯、お肌の若返りも期待できる岩盤浴、エステやアカスリ、マンガ、インターネットなど、充実の癒し施設が楽しめます。MAP...

花フェスタ記念公園

 花フェスタ記念公園

平成7年に開催された花の博覧会「花フェスタ‘95ぎふ」の会場を岐阜県が再整備し、平成8年4月にオープンした県営の都市公園です。 ナゴヤドームおよそ17個の広大な敷地には、約7千品種3万株のバラが植えられた世界最大級の「バラと花のテーマパーク」です。MAP...

道の駅 可児ッテ

 道の駅 可児ッテ

道の駅 可児ッテは広場を囲むように建てられた、木造の大きな建物が特徴的な道の駅です。「地域のための祝祭の空間」をコンセプトに、周辺の山並みを表現したユニークなデザインを取り入れています。地域の人々や道路利用者の方に安らぎや癒し、地域の魅力を提供していきます。MAP...

天然温泉 三峰

 天然温泉 三峰

のんびりと、ゆったりと…四季折々の景色を眺められる露天風呂。天然温泉アルカリ単純泉なのでシルクのようなやさしい肌触りのお湯が疲れた体を優しく癒します。陽が落ちると、美しく幻想的なライトアップの中でまた違った雰囲気をお楽しみいただけます。MAP...

JAとれったひろば

 JAとれったひろば

「とれったひろば」に並ぶ農畜産物は、地域の農家の皆さんが丹誠した汗と努力の結晶。鮮度はもちろん、栽培方法にもこだわった安全だから安心な逸品ぞろいです。MAP...

日本ライン花木センター

 日本ライン花木センター

日本ライン花木センターは、昭和47年に国の花卉生産モデル育成事業の助成を受け、岐阜県可児市の『緑と太陽の町』『田園文化都市』のスローガンに呼応して創設されました。以来、庭木・花・園芸造園資材において、豊富な品揃えの園芸専門店として皆様に親しまれております。MAP...

国史跡 美濃金山城跡

 国史跡 美濃金山城跡

石垣・瓦・建物礎石が残る織豊系城郭のモデルケースとして、国史跡に指定された。 守護代一族の系譜をひく斎藤正義により。烏峰城の名で天文6年(1537)に築城。永禄8年(1565)には織田信長家臣森可成が城主となって金山城と改称。長可、蘭丸、忠政が城主となって、関ヶ原の戦いの後に破城。一説には犬山城に移築されたとの伝承(金山越)もある。土木工事の技術、破城の痕跡が見られるのもこの城の特徴。MAP...

天龍寺

 天龍寺

岐阜県可児市は、戦国時代、天下統一を目指した織田信長を本能寺の変で倒し、時代の流れを変えた武将である明智光秀の生誕の地。光秀が落城するまでの約30年間を過ごしたとされる明智城は、自然の地形を生かした典型的な中世の山城で、現在は、遊歩道が整備され、ハイキングコースとして最適です。近くの天龍寺には、明智氏歴代の墓所があり、本堂には日本一大きい光秀公の位牌(184cm)が収められており、毎年6月には「光秀供養祭」が行われています。MAP...

荒川豊蔵資料館

 荒川豊蔵資料館

当施設は、陶芸家であり、志野・瀬戸黒で国の重要無形文化財保持者に認定された故・荒川豊蔵が、自身の作品やコレクションを公開し、見識を深めていただきたいという思いから創設され、昭和59年4月より開館いたしました。その後、平成25年4月に土地・建物・収蔵品が、財団法人豊蔵資料館より可児市に寄贈され、同年10月に荒川豊蔵資料館として再オープン。荒川豊蔵の遺志を受け継ぎ、偉業を世に広めていくと共に、作品とそれを生み出した源である美濃桃山陶の聖地を多くの方に訪れていただきたいと存じます。MAP...

湯の華市場

 湯の華市場

とれたて新鮮野菜をはじめ、毎日知多より直送している新鮮魚介類、さらには肉、米が揃う産直市場です。隣接の湯の華食堂では海鮮丼などの食事ができます。MAP...

リフレブログの他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!